経営状態が理解できる|好印象を与えるペン字は通信講座で習得しよう|スキルアップ

好印象を与えるペン字は通信講座で習得しよう|スキルアップ

男の人

経営状態が理解できる

文房具

会社の日々のお金の流れや財政状態を記したものが簿記です。それは業種や規模に関わらず、ある一定の決まりをもって記入します。簿記検定は商工会議所が行っており、どれだけ簿記の仕組みを理解しているかを確認します。今はIT化やグローバル化が進み、以前とは企業の活動のかたちが変化してきています。その変化に合わせて2015年度に全面的な見直しがなされ、2016年度から段階的に簿記検定が変更されます。以前は3級までだったのが、4級までに変わりました。4級は入門レベルであり、3級はビジネスにおいて基礎レベルの知識が求められます。簿記2級は商業簿記以外にも工業簿記の知識も必要となり、1級は公認会計士や税理士になるために必要な資格になります。

簿記2級は工業簿記という特殊な簿記の知識が必要となるので、独学で学ぶことが難しくなってきます。簿記2級は決算書も作成できるレベルで、商業高校を卒業相当といえます。専門学校へ行けない社会人なら通信講座を利用するのもおススメです。通信講座なら自分のペースで学ぶことができるので、忙しい社会人に合っています。有名な資格学校が通信講座を行っているところもあります。通信講座だけを受けていても校舎を使うことができたり、電話での質問を受け付けていたり、通信講座の生徒へのフォローが整っている学校もあるので、事前に確認しておきます。大手の専門学校ならば、そこが受験会場になることも多いので、何かと便利です。簿記2級ならば履歴書に書けるので、進学や就学に有利になります。